MENU

【初の海外旅行】パリ・モンサンミッシェル・ロワール地方13泊15日~中編~

 5日目 モンサンミッシェル1泊2日のショートトリップ

7:30 ホテルで朝食

 

8:15 ホテルにスーツケースを預けてチェックアウト

 

旅の計画の段階で、モンサンミッシェルに1泊したいと考えました。

ツアーではなくて、自分たちのペースで見たかったためTGVモンサンミッシェルの宿だけを日本から予約しました。

移動するときにネックなのが、バカでかいスーツケース!なので、ミレジムホテル4泊で、一度チェックアウトし、モンサンミッシェル1泊、再度ミレジムホテル1泊というプランを組みました。

リュックサックに1泊分だけ詰め込んで、後は、ホテルに預かってもらって身軽に行けるからです。

 

地下鉄の最寄り駅サンジェルマンデプレからは、TGVの発着のモンパルナス駅までメトロで3駅と近いんです。

それも、計画の段階でミレジムホテルを選んだ理由です。

8:35 モンパルナス駅に到着


f:id:sweetscaferiche:20181222153337j:image

駅にある黄色い機会に切符を差し込んで、打刻します。これをせずに乗車すると罰金だそうです!

9:05 モンパルナス駅を発車

 

TGVの車窓からの風景が素敵でした!

11:05 レンヌ駅 到着

 

11:30 レンヌ駅北口ターミナル モンサンミッシェル行きのバスに乗車

 

13:00 モンサンミッシェル到着

 

とりあえず、ホテルにチェックイン

ホテルの名前を忘れてしまいました!島の中のホテルです。

チェックインは、大通り沿いの建物でしましたが、部屋は別館?別室?迷路のような細い階段や道を上って行ったところでした。なんだか、ワクワクする感じです!


f:id:sweetscaferiche:20181222153441j:image

部屋に荷物を置き、修道院を見学に行きました。

旅行前に、中世のヨーロッパが舞台の映画などを見て来たので、テンション上がりました。966年に建設が始まったなんてすごいです!

私が一番印象にのこったのが、最上階にある回廊です!感激です!


f:id:sweetscaferiche:20181222153520j:image

長い年月で、修道院以外に牢獄だった時期があったみたいです。

散策中、いたるところにその名残があり、想像が膨らみます!

 

18:00 カフェで休憩・アペリティフ


f:id:sweetscaferiche:20181222155021j:image

フランスで食べたいと思っていたガレット(そば粉の甘くないクレープ)

そして、ノルマンディー地方の名産シードル(リンゴの醸造酒 微発砲)を合わせて気分最高です!

もう一つ、ノルマンディー地方の名産 カルバドス(リンゴの蒸留酒)があります。

食後酒としてチョコやコンフィズリーなどと合わせるのがおすすめですし、お土産にもおすすめです!

*ブドウの醸造酒がワイン ブドウの蒸留酒がブランデーです!何となくイメージできましたか?

 

日が沈み・潮が満ちてくるのを眺める!何とも不思議な体験です。


f:id:sweetscaferiche:20181222153543j:image

19:30 レストランで夕食

 

もう一つのノルマンディー地方と言えば、海の幸です。昼間にリサーチしたレストランで、ディナーを堪能しました。

22:00 部屋に戻り就寝

 

6日目

 

9:00 ホテルのフロントがあった場所で朝食

 

10:00 チェックアウト

 

塩が引いて出来た道を散歩しながら、対岸のホテルやスーパーなどを散策


f:id:sweetscaferiche:20181222153602j:image

 写真に写っているのは、ひつじです。

足の部分が黒いのが特徴で、塩分を含んだ草を食べることで、フランスの美食家たちが喜ぶ美味しい肉になるのだとか!

14:00 島内に戻り、ランチ 

 

モンサンミッシェル名物のオムレツやムール貝を堪能

 

15:15 バス乗車

 

 

16:30 レンヌ駅到着

 

駅周辺を散策 パリより物価も安い感じ機会があれば、ゆっくり訪れてみたいです。

17:05 レンヌ駅出発

 

19:10 モンパルナス駅到着

 

帰りは、街を散策がてら歩いてホテルまで。

余談ですが、旅行を計画してからダイエット・体づくりをスタートしていて本当によかったです。パリの街を歩いて散策すると、バスや電車では見えない色々な発見や出会いがあるんです!旅行を満喫するには、体力が必要ですよね!

帰り路で、ホテルでの晩酌に美味しそうなものを購入。

21:00 再びミレジムホテルにチェックイン

 

部屋が変わり、アップグレードされていました。ラッキー!

24:00 フロント係のフランソワとお別れの挨拶

 

借りていた本を返し、日本からお土産用に持ってきていた、ようかんと緑茶を渡す。

結構、喜ばれました! 後、部屋を掃除してくれてるメイドの方に、飴(ボンボン)も喜んでもらえました。

 

私たちは、明日から7泊をパリのアパートメントホテルに滞在予定。

フランソワは、以前観光の仕事をされていたみたいで、今も時々副業でしているみたいです。私たちが、ミレジムホテルに滞在中は出来ないが、ホテルが違えばお友達価格で観光を案内できると提案される。

どこまで、人を信じるのか?すごく迷いましたが・・・

とりあえず、ぼられないように注意して、ベルサイユに一緒に行くことになりました。

 

前編でも紹介した、フランソワとアマンダ。二人ともに、パリ育ちで歴史や自国を愛し、勉強熱心です。日本のことが大好きというのも似ていました。

そんな社交的でもない私たちが、警戒しつつも仲良くなれ、結果的には素晴らしい経験をさせてくれた人たちです。感謝・感謝です。

 

この先のアパートメント生活・ロワール地方などは、後編で!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村